前へ
次へ

長距離運転時のドライバーの腰痛対策は薬と姿勢

普段から腰痛に悩まされている人は、長距離の運転をする際には痛みへの不安もあるため、病院で痛み止めを出してもらうこともあります。短時間であればまだしも腰痛持ちに長時間の運転は楽ではなく、同じ姿勢が続くので腰への負担もそれだけ大きいです。それでも運転中ドライバーは、運転をすることに集中をしなければなりません。アクセルを踏むときやブレーキをかける時に、背骨は無意識のうちに曲がりがちです。自宅のソファの感覚で運転席に浅く座って運転をすると、腰はシートの奥からは離れますので、余計に腰は折れ曲がる状態です。シートスライドを後方にセットしすぎていて、体に合っていないままだと、ハンドルも遠い状態であり猫背になります。運転をする際には深くシートに腰かけるようにして、シートの奥に腰を密着させると骨盤も立った状態です。姿勢が良い状態に改善されて、さらに運転時の腰への負担も減ります。もしくは運転席と腰の隙間に、クッションを挟み込むと骨盤をたてることができるので、これも腰への負担を減らす方法です。

Page Top